So-net無料ブログ作成
映像送信 ブログトップ

映像送信における肖像権の問題 [映像送信]

裏の駐車場から女が一人歩いて退場した。退場して東側に曲がった。駐車場の塀と電柱の陰になる所(所要時間にして約1秒)に入った。普通なら1秒後に東側に姿を現す。ところが、女が陰に入ってから姿を現さない。しばらく様子を見ていたが一向に現れない。まさか腰をかがめて這って通過した訳でもあるまい・・

恐らく《映像送信》であろう。久しぶりだ。私は《映像送信》を何度も経験しています。以前にも裏の駐車場内を歩く人が、塀や車の陰に入った所で途切れ、消えてしまった事例を4回ぐらい目撃しています。人間以外にも、たった今駐車場に入って来た自動車が、1秒ほど目をそらした瞬間に消えていた事例もあります。

私の場合、《映像送信》は人間・自動車・飛行機の3つに限られています。人間と自動車は、必ず裏の駐車場内に合成されます。飛行機は当然、空に合成されます。下記の記事を参照して下さい。

[猫]でかすぎる飛行機                                                [猫]映像送信における角度や距離                                        [猫]映像送信「私の場合」  

私は脳内に映像・音声・感情・イメージを送信されると言った被害は受けていません。私の場合、脳内ではなく外界、私の周辺に映像や音声を合成されるのが特徴です。その映像や音声は極めてリアルで本物と区別し難く、方角・距離感・質感など自由に調節できるようです。

《映像送信》私の場合
@脳内ではなく外界、私の周辺に映像を合成される。
@映像は極めてリアル。カラーで立体感があり、動きも自然。
@映像は、人間・自動車・飛行機に限定されている。
@時間的に短く、大抵は1秒~5秒ぐらい。
@《視線誘導》されて、100%見てしまう。
@見た瞬間は本物だと思うが、すぐ見せられた贋物だと気づく。


人間の肉体は通信技術に使える媒体であり、知覚や感覚を送信する事が可能になっています。人間と人間をダイレクトに繋ぎ、視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触角・思考・感情・知識・イメージを送受信できます。

このテクノロジーは本来、「善」に使用されるべきものです。遠隔地からのテレパシーが可能であり、天才と脳を繋ぎ、多くの人を教育する事も可能です。しかし邪悪な勢力が、このテクノロジーを悪用しています。この勢力は世界的に影響力を持ち、地球が丸ごと操作されています。

ところで、《映像送信》に関する疑問点があります。そもそも《映像送信》の人物は、自分で自分の映像を送信しているのか?別な人物が他人の映像を送信しているのか?その場合、映像の人物は自分が《映像送信》に使われている事を知っているのか?もし、知らないならば無断で他人の映像を使っている事になり、つまり肖像権侵害に触れる問題です。

もし、《映像送信》に使われている人物が、無断で利用されてるなら教えてあげるべきでしょう。今回の《映像送信》で使われていた女性の特徴は以下の通りです。

@若い女性
@髪が長い(2011年5月9日現在)
@ナンバー89-89

 

 テクノロジー犯罪&集団ストーカー解決への5つの条件 

1.犯罪の認知                                                   国家機密とも言えるような犯罪システムを、政府と学識経験者が全国民に説明すること。

2.犯罪の法整備                                                 国家機密とも言えるような犯罪システムを重犯罪として憲法に定め、厳重な罰則を設けること。

3.加害者全員の処罰                                              死刑、無期を含む懲役、罰金、加害組織の解散、及び、正しい人材による組織の再編成を実施すること。

4.防御技術の開発                                                テクノロジー犯罪対応の防御技術を開発し、その技術の有効性を政府と学識経験者が全国民に証明すること。

5.被害者の損害賠償                                              被害者は最低でも1年に付き1億円、被害歴10年なら10億円を請求する充分な権利があり、加害者、又は加害組織、及び国家が、被害者に対して損害賠償を支払うこと。

 

となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)

となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)

  • 作者: 別冊宝島編集部
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/06/18
  • メディア: 文庫

闇の権力とUFOと2012年

闇の権力とUFOと2012年

  • 作者: 中丸 薫;矢追 純一
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2011/02/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  コメント(0) 

映像送信「私の場合」 [映像送信]

今日は《映像送信》について、経験上わかっている事を箇条書きにしてみました。これは、飽くまでも「私の場合」に限ります。

@脳内に映像を送信された事は1度もありません。
@ただし、夢を送信されたと感じた事は何度かあります。
@私の場合は、映像を外界に《合成》されます。
@外界に現れた映像は、極めてリアルです。
@映像はカラーで自然な色です。
@映像は幽霊のように透けていません。
@映像は立体感があります。
@映像の動きは自然です。
@私の位置から見て、映像の角度や距離感も自然です。
@ただし、1度不自然な事例がありました。「でかすぎる飛行機」参照
@映像には音声付の場合と、音声なしの場合とがあります。
@これまで合成された映像は、飛行機・車・人間に限られています。
@飛行機はジャンボ旅客機だと思います。
@車は駐車場に並んでいる見覚えのある車です。
@人間は見覚えのある人物と、見覚えのない人物とがいます。
@飛行機の映像は音声付です。
@逆に飛行機の音だけがして、姿がない場合は数え切れません。
@車の映像は、なぜか音がありません。
@逆に車の音だけがして、姿がない場合があります。
@人間の映像は声や靴音などの音声がありません。
@逆に声や靴音だけがして、姿がない場合があります。
@《映像送信》の時間は短く、最短1秒~最長30秒です。
@《視線誘導》をされて、100%見てしまいます。
@《視線誘導》と《映像送信》はセットになっています。
@見た瞬間は《実物》だと間違えます。
@次の瞬間に《合成》だと直感します。

日頃《実物》の飛行機・車・人間による『集団ストーカー現象』があるため外界にリアルな映像や音声を《合成》されると実に紛らわしいものです。この手法が理解できていなかった当時の私は、「騒音おばさん」一歩手前の状態になっておりました。「騒音おばさん」にも、私とよく似た手法が使われていたのではないでしょうか?

 

マインド・ウォーズ 操作される脳

マインド・ウォーズ 操作される脳

  • 作者: ジョナサン・D・モレノ
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2008/09/25
  • メディア: 単行本

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社出版サービスセンター
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(2) 

映像送信における角度や距離 [映像送信]

久しぶりに《映像送信》をやられた。駐車場に車が入って来た瞬間は《本物》の車だと思った。煩わしくて束の間、目を逸らしていたが、若い女が歩いて駐車場から出て行くのを見た。駐車場を見ると、入って来たはずの車がない。

《映像送信》は《視線誘導》とセットになっており、必ず送信された映像を見てしまうようにプログラムされている。見た瞬間は《本物》だと思っても、次の瞬間には《映像送信》だと直感できる。毎回、このパターンだ。

今回の車は《映像送信》による《贋物》だと断定できるが、女は《本物》《贋物》の区別が付き難かった。少なくとも、映像は立体感があり、動きも自然である。ただし、この一幕には音がなかった。駐車場に車が入場する時に立てる音、僅かなエンジン音、指定の位置に止めようとする時のタイヤの擦れる音、ドアを閉める音、女の靴音・・これらの音が全く聞こえなかった。パントマイム(約30秒)

今回、思ったのは《映像送信》における角度や距離の問題。例えば今回のケースで言えば、《映像送信》の映像を見ているのは私であり、私の立っている位置から見て、その映像は角度や距離において極めてリアルで自然なのだ。しかし、オペレーター(加害者)は私の部屋には入った事がない。私の立っている位置から見た場合の角度や距離をどのように調節しているのか?

恐らく、私が日頃見ている映像*(今回の場合では2階の部屋から見た駐車場の映像)が、オペレーターのデータベースに記録されており、私から取得した映像を参考にして、角度や距離を調節するのだろう。こうして私が2階から見ている《本物の駐車場》に、角度や距離から言っても極めて自然と思えるような《贋物の映像》を合成させてるようだ。

若い女が歩いているのを2階から見ていた訳だが、もし私が素早く1階に下りて見たら《贋物の映像》はどうなったのだろう?どう見えたのだろう?送信された《贋物の映像》は、2階の位置から見た駐車場に合成されてる訳だから、1階の位置から見た駐車場には、角度や距離が一致しないはずである。

*日頃見ている映像・・記事「ペニスもウンコも・・」「殴られ役 NO.2」参照

 

ブレイン‐マシン・インタフェース最前線―脳と機械をむすぶ革新技術

ブレイン‐マシン・インタフェース最前線―脳と機械をむすぶ革新技術

  • 作者: 櫻井 芳雄
  • 出版社/メーカー: 工業調査会
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本

最新脳科学で読み解く 脳のしくみ

最新脳科学で読み解く 脳のしくみ

  • 作者: サンドラ・アーモット(Sandra Aamodt)
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2009/04/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(0)  コメント(0) 

でかすぎる飛行機 [映像送信]

前回、1日100回ほど飛行機が飛んで来ると書きました。そして飛行機の音が、実はテクノロジーで作られた贋物の音であると述べました。もちろん本物の飛行機が来てる場合もあるでしょうが、それは僅かな数ですちなみに被害者の外部に作り出す《音声送信》は、音の方角・距離感・音色・音量・質感・振動など自在に操作でき、本物と区別できないほどリアルな音です。ただし《脳内音声》の場合は、どのぐらいリアルなのか私は経験がないので知りません。経験のある方、教えて下さい!

飛行機の姿は逐一確認していませんが、空を飛んでいるところは何度も見ています。昼も夜も飛んでいるのを見ました。しかし、それらの飛行機が本物であると断定はできません。というのは、『テクノロジー犯罪』には《映像送信》という手法もあるからです。私は一度「でかすぎる飛行機」を見た事があります。

例えば飛行場付近の住人なら、飛行機が空の低い所を斜めに上昇して行く光景は見慣れている事でしょう。私が見た「でかすぎる飛行機」とは、そういう意味なのです。ちなみに私の近所には飛行場などありません。地理的条件から言って、あり得ないような低い所を飛んでいたのです。姿はリアルで本物そっくりですが、私は見た直後に「映像送信や!」と思いました。

飛行機の他にも人間の《映像送信》を3~4人見た事があります。《映像送信》は見た直後に《映像送信》だと気づくものです。というのは、見た直後に《視線誘導》されたと感じるからです。考えてみれば、《映像送信》は被害者に見てもらえなければ全く無意味な攻撃です。ですから、必ず被害者が見てしまうように《視線誘導》と《映像送信》がセットになっているのです。

 

つながる脳

つながる脳

  • 作者: 藤井 直敬
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2009/05/15
  • メディア: 単行本

ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学 (ハヤカワ新書juice)

ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学 (ハヤカワ新書juice)

  • 作者: マルコ イアコボーニ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0) 
映像送信 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。