So-net無料ブログ作成
検索選択
ブレインジャック ブログトップ

映画『インセプション』は現実犯罪だ [ブレインジャック]

映画『インセプション』は私達の『テクノロジー犯罪』と関連する映画です。

クリストファー・ノーラン脚本・監督の想像を超えた次世代アクション・エンターテインメント大作。人間が他人の夢に入り込み思い通りの夢を見せたり、相手のアイディアを盗んだりする。「ライバル企業を潰したい」と事業家サイトー(渡辺謙)に依頼され、コブ(レオナルド・ディカプリオ)率いるチームが夢を利用して、 企業の御曹司に会社破滅へ導くアイディアを植え付けるために夢の中で奮闘する。

こうした娯楽映画が現実に可能であると、どのぐらいの人が知っているだろうか?被害を受けた企業が現実にあるかどうかは知りません。しかし、他人の夢や意識に介入する事は現実に行なわれています。遠隔地から他人の目が見ている「視野映像」を見る事ができ、遠隔地から他人の内心を知る事ができる。遠隔地から他人の脳内に声を聞かせたり、映像を見せる事ができる。遠隔地から他人の周辺に「贋物」の音声や映像を合成する事ができる。遠隔地から他人の感情を操作したり、思考を誘導する事もできる。遠隔地から他人の表情や動作を操作したり、「せりふ」を言わせる事もできる。遠隔地から他人の身体を攻撃する事もでき、その症状は多様で一口には言い尽くせない。その他、様々な被害が現実に報告されています。

これらの被害は、『テクノロジー犯罪』とか『電磁波犯罪』または『電子ハラスメント』などと呼ばれています。現実の犯罪であり、北海道から沖縄まで全国に被害者がいます。海外にもいます。被害歴の長い人では20年以上になり、少なくとも数千人の人が被害を自覚しています。自覚できていない被害者の数ともなれば、人口の何割を占めているだろうか?という規模になります。人工衛星を悪用している犯罪であるため、どこに逃げても被害から逃れる事はできません。24時間365日休みなく被害が続くのです。

これほど異常で非常識な犯罪であるのに、警察もマスコミも取り上げずに長期間が経過しています。その原因は、反日勢力による国家レベルの腐敗以外にあり得ません。左サイドバーに被害者のホームページやブログをリンクしています。ぜひ一つ一つご訪問下さい。これらの被害者は精神病者ではありません。被害者を「精神病者に仕立てる」のが、加害者側の手法なのです。

 

インセプション [DVD]

インセプション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

オリジナル・サウンドトラック インセプション

オリジナル・サウンドトラック インセプション

  • アーティスト: ハンス・ジマー,サントラ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/08/04
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0) 

1人になれない [ブレインジャック]

ドストエフスキーの小説に「死の家の記録」という作品があります。オムスク監獄での4年間にわたる獄中体験をもとに書かれています。いわゆる独房ではなく、1つの部屋に大勢の囚人が詰め込まれていたようです。ドストエフスキーは小説とは別に、手紙でも状況や心境を述べています。「・・人間の群れの中に、看守の支配下に暮らし、1時間でも1人でいる事はなかったのです。1人でいるという事は、普通の生活で飲み食い同様に必要な事だ。・・」

テクノロジー犯罪被害者』も同様なのです。24時間365日監視下に置かれ、プライバシーはなくなります。物理的には部屋の中に1人でいても、実質的には1人ではありません。常に他人が被害者の《視野映像》を見ており、被害者の《思考》を聞いているのです。逆に加害者が送信した《映像》を見せられ、《音声》を聞かされるのです。さらには、身体のあらゆる場所に痛みを送信されたり、何らかの症状を作られたりします。症状は驚くほど多様であり、一口には言い尽くせません。

青森県の被害者【テクノロジー犯罪、遠隔操作による犯罪の訴え】のkoutaさんは、人海戦術による『集団ストーカー』は全く受けていないタイプの被害者です。が、『テクノロジー犯罪』の方は、私の場合より高度な手法が使われているようです。「脳の拉致(ブレインジャック)」という言葉があります。言い換えれば、自分の脳に他人が居座るという状況です。脳と脳がダイレクトに繋がる、《テレパシー》のような状況を指します。しかも、それが実験室で行われるのではなく、遠隔操作によって室内・外を問わず、24時間365日何年も続くのです。

私の場合は、《脳内音声》《テレパシー》といった傾向の被害はなく、もっぱら外部に本物そっくりの《音声送信》《映像送信》をされており、それが人海戦術の『集団ストーカー現象』と関連しており、紛らわしいのです。かの有名な「騒音おばさん」は、私と同じ傾向の被害者ではないかと思います。「騒音おばさん」の周辺にも、現実の人間が動いている場合と、《音声送信》《映像送信》である場合とが、混合していたのではないか?と思われます。

どういうタイプの被害者であれ、『テクノロジー犯罪』に見舞われた人は、その日からプライバシーは完全に失われます。24時間365日監視下に置かれます。1時間でも1人でいる事ができません。私が『テクノロジー犯罪』に気づかされたのは2009年の春頃です。「1人になれない日」が、かれこれ1年半ぐらい続いています・・。それでも私は期間的には短い方であり、全国の被害者の中には10年以上にもなる人たちがいるのです。

 

早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

  • 作者: 内山 治樹
  • 出版社/メーカー: 講談社出版サービスセンター
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社出版サービスセンター
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0) 
ブレインジャック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。