So-net無料ブログ作成
検索選択
視野情報の監視 ブログトップ

この犯罪を知らない人々へ [視野情報の監視]

[猫]まずは、ブログ管理人が無事である事をご報告しておきます。


【テクノロジー犯罪】を知らない人々へ

この国家機密のような組織犯罪における監視の方法ですが、決して盗聴器や監視カメラを仕掛けているのではありません。科学的な詳しい説明はできませんが、結果だけを述べておきます。

被害者の目が監視カメラのレンズなのです。被害者が見ている映像を、リアルタイムで遠隔地の加害者が見ています。被害者が首を振れば、「揺れる映像」を遠隔地の加害者が見ています。被害者が目を閉じれば、「真っ暗な映像」を遠隔地の加害者が見ています。

自分の目が監視カメラのレンズとなり、24時間365日、何年間にもわたって監視が続く状況を想像して下さい。特に女性は堪えるでしょう。男性であっても生きた心地はしません。言うなれば「究極の監視方法」であり「究極の人権侵害・プライバシー侵害」なのです。

当然の事ながら、このような監視を行使できる権限を持った人物・機関は存在しません。即ち、公安警察にさえ、そのような権限はありません。しかも、監視だけではなく、遠隔地から被害者の身に様々な症状を発生させる攻撃があるのです。

実行犯は人間の内に入らない、言わば「エタ・非人」であり、死刑以外に考えられません。逆に被害者には、最低でも億単位の慰謝料・損害賠償が必要です。この国家機密の様な組織犯罪と、その驚異的な技術については、遅かれ早かれ万人が知る時が来ます。

 

 テクノロジー犯罪&集団ストーカー解決への5つの条件  

1.犯罪の認知 国家機密とも言えるような犯罪システムを、政府と学識経験者が全国民に説明すること。

2.犯罪の法整備 国家機密とも言えるような犯罪システムを重犯罪として憲法に定め、厳重な罰則を設けること。

3.加害者全員の処罰 死刑、無期を含む懲役、罰金、加害組織の解散、及び、正しい人材による警察組織の再編成を実施すること。

4.防御技術の開発 テクノロジー犯罪対応の防御技術を開発し、その技術の有効性を政府と学識経験者が全国民に証明すること。例え法整備が実現しても、技術的にテクノロジー犯罪を防御できなければ国民の安全は保障されません。

5.被害者の損害賠償 被害者は最低でも1年に付き1億円、被害歴10年なら10億円を請求する充分な権利があり、加害者、又は加害組織、及び国家が、被害者に対して慰謝料・損害賠償を支払うこと。

 


[ひらめき]ロシアのマインドコントロール兵器に対する法整備 http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech12.html
[ひらめき]生命倫理問題に関するアメリカ大統領諮問委員会
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech18.html

 

早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社出版サービスセンター
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本
電子洗脳 あなたの脳も攻撃されている

電子洗脳 あなたの脳も攻撃されている

  • 作者: ニック・ベギーチ博士
  • 出版社/メーカー: 成甲書房
  • 発売日: 2011/07/14
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(2) 

小出五郎氏に問い合わせてみたが・・ [視野情報の監視]

テクノロジー犯罪』の技術に関与しているとされるBMI(ブレイン・マシン・インターフェイス)は、技術自体としてはタブーではなく、科学者はもとより一般人の間でも知識として定着しつつあるのではないでしょうか?科学者たちは当然、この技術の《倫理的問題点》を憂慮しているはずです。

『テクノロジー犯罪』は、BMI 技術の一部が悪用されたものと考えられています。また、被害者の数の多さから考えて、加害者は個人や少数ではなく《組織》であると断定できます。北海道から沖縄まで、さらには海外でも数多くの被害者がおり、それら被害者一人一人に対して、専用の加害者(オペレーター)が複数人担当していると考えられています。ただし《自動設定プログラム》を使って、一人でも24時間送受信できるという情報もあります。

下の動画は、telepotaさんという被害者が投稿されたものです。
脳科学ブームに警鐘!(思考盗聴が犯罪と認められる日)
http://www.youtube.com/watch?v=UmWrt7TulPg

語っているのは【日本科学技術ジャーナリスト会議】の理事(検証)を務める小出五郎氏です。小出氏は「研究者の倫理」「脳科学検証」といった言葉を使い、科学技術の《倫理的問題点》にふれています。会話の中で危惧されている科学技術の悪用は、残念ながら既に実現しております。

私は【日本科学技術ジャーナリスト会議】に問い合わせました。「この動画の中で、小出理事様は科学技術の倫理面にふれ、脳科学の検証の必要について述べておられます。しかし、この技術が既に悪用されているという情報があるのをご存知でしょうか?」
                                                           返信は、事務局長補佐の藤田貢崇氏からでした。「 先日、いただいたメールを小出氏に転送いたしました。本人から直接、●●様に返答するようにお願いしておりますので、お待ちください。」

しかし、小出氏から返答は来ません。19日後に催促のメールを藤田氏に送りました。藤田氏の返事。「小出氏にはすでにメールを転送しております。念のため、改めて連絡をしておきます。事務局としましては、メールを転送することはいたしますが、転送先からの返答を保証するものではありませんので、予めご承知置きください。」

結局、小出氏からの返答は来ませんでした。なぜだろう?上の動画は2008年12月15日に投稿されたものですから、投稿された被害者自身や他の被害者たちから、何度も問い合わせがあったのかも知れません。それで小出氏がうんざりしているとも解釈できないではない。しかし、事の重大さを考えれば無視できるような問い合わせではないはずでしょう。小出五郎氏は、どこかから圧力をかけられたのだろうか?

 

新版 よくわかる脳MRI (『画像診断』別冊KEY BOOKシリーズ)

新版 よくわかる脳MRI (『画像診断』別冊KEY BOOKシリーズ)

  • 作者: 青木 茂樹
  • 出版社/メーカー: 秀潤社
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本

ブレイン‐マシン・インタフェース最前線―脳と機械をむすぶ革新技術

ブレイン‐マシン・インタフェース最前線―脳と機械をむすぶ革新技術

  • 作者: 櫻井 芳雄
  • 出版社/メーカー: 工業調査会
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0) 

24時間365日監視する理由 [視野情報の監視]

昨日の記事「1人になれない」では、『テクノロジー犯罪』の被害者は24時間365日何年にもわたって監視下に置かれると書きました。人間にとって1人になれる時間は、精神衛生上から考えても最低限度必要な事です。『テクノロジー犯罪』の被害者は、ガラスケースの中の実験動物に似ています。もちろん私たち被害者は、自由に外出したり、美味しい物を食べたり、好きな音楽を聴いたりする事はできます。

しかし、どこにいても監視下にある事は変わらず、海外に行っても被害が変わらないと報告されている被害者もいるのです。違法監視という点だけでも、倫理的に問題が大きすぎます。そもそも一般の国民を監視する権利・権限を持った人間など法治国家では考えられません。例え公安警察であっても、一般の国民を科学技術を使って24時間365日何年にもわたって監視する権利・権限などないはずです。浴室やトイレを監視する権利権限などないはずです。

これまで、24時間365日監視を続ける理由として「被害者の情報収集を徹底するため、被害者に圧力をかけるため、被害者を自滅させるため、加害者の力を見せつけるため」などが考えられました。これらの理由は全て正解でしょうが、それ以前に全く別の理由が考えられるのです。「被害者の体内のイオンの変化に合わせて、常に周波数を変えねばならない。そのため被害者を見失わないために、24時間365日監視を続ける必要があるのだ。」という情報があります。

 

ブレイン・マシン・インタフェース―脳と機械をつなぐ

ブレイン・マシン・インタフェース―脳と機械をつなぐ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 単行本

新装版 公安警察スパイ養成所 (宝島SUGOI文庫)

新装版 公安警察スパイ養成所 (宝島SUGOI文庫)

  • 作者: 島袋 修
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/07/04
  • メディア: 文庫

nice!(0)  コメント(1) 

ペニスもウンコも・・ [視野情報の監視]

《視野情報の監視》とは、被害者の目がカメラのレンズとなり、遠隔地の監視モニターに被害者が見ているものを映し出すという技術です。例えば、私がペニスを見れば、遠隔地の監視モニターに私のペニスが映し出される。私が目を閉じれば、遠隔地の監視モニターも真っ暗になる、という意味です。

《視野情報の監視》を説明する場合、私は上記のように述べます。べつにペニスでなくても、暗証番号とか鍵の隠し場所でもよいのです。要するに《視野情報の監視》が実際どんなものかを、実感してもらうために言葉を選んでいるのです。

テクノロジー犯罪』の監視は、24時間365日途切れる事がありません。従って、監視役は複数います。交代制であり、真夜中でも誰かが監視モニターの前で見張り続けています。「あ、起きた・・ここは・・トイレだな・・」監視モニターを見ながら監視役はつぶやく。私がトイレで用を足していると「ゴオー・・」と飛行機の音が聞こえてくる(これは《音声送信》の贋物の音)。或いは、遠隔操作による《身体攻撃》を受ける。こうして加害者は、真夜中でも監視している事を被害者に知らせるのです。

このように加害者の監視モニターには、被害者の見ているものが映し出される。被害者の目が盗撮カメラのレンズなのです。ですから、私が意図的に目を閉じると、遠隔地の監視役は「ちぇ、また目を閉じやがった・・」と舌を鳴らす。或いは、汚くて恐縮ですが、私がウンコをまじまじと見れば、遠隔地の監視モニターに「ど~ん」とウンコが映し出されるわけです。

 

脳の情報を読み解く BMIが開く未来 (朝日選書)

脳の情報を読み解く BMIが開く未来 (朝日選書)

  • 作者: 川人 光男
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/08/10
  • メディア: 単行本

ブレイン‐マシン・インタフェース最前線―脳と機械をむすぶ革新技術

ブレイン‐マシン・インタフェース最前線―脳と機械をむすぶ革新技術

  • 作者: 櫻井 芳雄
  • 出版社/メーカー: 工業調査会
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0) 
視野情報の監視 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。