So-net無料ブログ作成
検索選択
音声送信 ブログトップ

隣人の音声送信 [音声送信]

[猫]久しぶりに更新します。
25日。部屋の中にいる時に、隣人の《音声送信》がありました。掛け声のような短い言葉でしたが、私の間近で聞こえました。その直後に隣家の庭から、同一人物の声が聞こえてきましたが、この時の声は自然な距離感であったため本物の声だと判断しました。部屋の中で、私のすぐ傍で聞こえた声は明らかな《音声送信》でした。

《音声送信》は傾向として2種類あります。1つは《脳内音声送信》と呼ばれるタイプです。このタイプは加害者と被害者が双方向で会話が成立し、被害者が見たり・読んだり・言ったり・思ったり・行なった事に対してリアルタイムで加害者が反応し、何かを言ってくるという特徴を持っています。反応は言葉以外に《身体攻撃》で反応する場合もあります。

《脳内音声送信》タイプの被害者は内山治樹さんを初め大勢います。内山さんは【NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク】の副理事を務めておられ「早すぎる?おはなし」の著者です。ブログと動画は以下の通りです。

【バッカス&ミューズ
http://johannes0507.cocolog-nifty.com/blog/
【YouTube - HARUKIYOU1 さんのチャンネル】
http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1

こうした事が可能なのは、被害者の生体情報(信号)を加害者がリアルタイムで共有しているからです。被害者が見たり・読んだり・言ったり・思ったり・行なった事をリアルタイムで加害者も経験しているのです。更には被害者を先回りする場合さえあります。

《音声送信》の2つめは、《外界に合成する》タイプです。極めてリアルな本物そっくりの音や声を外界に合成するために、本物と偽物の区別が付きにくいのです。これらの音声は、方向・距離・音量・音色・質感・振動も調節できます。時々、質感や距離感が不自然と感ずる事もあります。私は2つめのタイプであり《脳内音声送信》はありません。

[ひらめき]参照記事
音声送信について
http://b-m-i.blog.so-net.ne.jp/2010-11-10
飛行機の音声送信
http://b-m-i.blog.so-net.ne.jp/2010-11-11
物をぶつける音・・本物と贋物
http://b-m-i.blog.so-net.ne.jp/2010-11-21

ところで、25日の《音声送信》の隣人(母娘)は「ネコ殺し」なのです。物的に証明する事はできません。しかし、昔あった「子ネコ殺し」とその後の言動(隣だから、いろいろ聞こえてくる)から確信できます。殺し方は、飼い犬を放して殺させるのです。恐らく100匹以上殺しているでしょう。この隣人は21世紀になってから引っ越して来ましたが、私の憶測では以前住んでいた町でもネコを殺していたはずです。その町に行けば何か知っている人がいるかも知れません。この隣人は、私の『集団ストーカー』が始まった「きっかけ」の最有力候補であると考えています。

[猫]隣人(母娘)・・という部分を作成中にエラーが出ました。

 

となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)

となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)

  • 作者: 別冊宝島編集部
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/06/18
  • メディア: 文庫

黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録

黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録

  • 作者: 矢野 絢也
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/02/27
  • メディア: 単行本
早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

  • 作者: 内山 治樹
  • 出版社/メーカー: 講談社出版サービスセンター
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0) 

物をぶつける音・・本物と贋物 [音声送信]

記事「音声送信について NO.2」で、飛行機の音そっくりのリアルな《音声送信》について書きました。今回は、家の窓や壁に物をぶつける《音声送信》について書きます。この《音声送信》が始まる前に、まず本物の音があったのだと思います。つまり、現実に犯人が私の家の近くまで来て、スリングショットを使って小石などを飛ばし、窓や壁にぶつけるという悪質な行為を何度か繰り返していたのだと思います。バケツなどの金属類に当たって「カーン!」と鋭い音を立てる時もありました。

ぶつける瞬間は一度も見た事がありませんが、2007年の初め頃だったでしょうか、若い男が私の家の近くをうろつきながら、何者かと携帯で連絡を取っていたのを憶えています。この若い男の顔を私は憶えています。2008年には口髭を蓄えているのを見ましたが、雰囲気でピンときます。若い男と言っても学生ではありません。妻子があり、子供はまだ児童であり2人です。白い小型犬を飼っています。現在乗っている車の種類もナンバーも特定できています。ナンバー91-14。

《他人の家に物をぶつける》という幼稚で悪質な行為だけではなく、この若い男は他にも悪質な行為を2006年から2007年12月まで約2年間にわたり、ほぼ毎日繰り返していました。この行為については、またいつか書きます。

この若い男が、現実に私の家の窓や壁に物(小石か?)をぶつけていたのは、2007年までではないかと推理しています。つまり、2008年以降の音は《音声送信》ではないかと考えています。この場合の《音声送信》とは、どう聞いても窓の外側・壁の外側に物が当たっているとしか思えないようなリアルな音であり、質感も伴っています。例えば、ガラス窓に小石が当たれば「コン!」と硬い音がしますし、網戸に小石が当たれば「ビーン!」と弾力のある音がします。「質感を伴う」とは、そういう意味です。

たぶん2008年以降は、現実に当てているのではなく《音声送信》の贋物の音でありながら、本物の音と区別がつきませんので、当時の私は犯人が家の近くまで来て、現実に当てているのだと思い込んでいたのです。ちなみに私は、いつも当てられている窓の網戸をはずしましたが、相変わらず「ビーン!」という弾力のある音がし続け、それが不思議だったのです。何かゴム製のボールでもぶつけているのか?と考えたものです。

当時、物をぶつける《音声送信》は毎日数回ありましたが、ぶつけられた直後に素早く窓の外を見ても、逃げて行く犯人の姿を見たことは一度もありません。何度か外に飛び出し、逃げて行く犯人を捜しました。道行く人などに「逃げて行く人を見かけませんでしたか?」と尋ねたものです。道をうろつく当時の私の姿は、《騒音おばさん》一歩手前という感じだったのでしょう。

道をうろついていた時に、メガネをかけた若い男がニヤニヤした顔つきであたかも勝利を味わいに来たかのように、何度も何度も私を見ながら立ち去って行った事があります。このメガネの若い男は、先述の若い男とは別人です。メガネの若い男は、たびたび犬を連れて走り、私に近づいて来る事がありました。これは『集団ストーカー』用語でいうところの《コリジョンキャンペーン》という手法なのです。用語については【AGSAS】のトップページの末尾をご参照ください。

物をぶつける《音声送信》は、雨の日の深夜にもありましたが、本物の音だと思い込んでいた私は「こんな深夜に、雨の中を、わざわざ傘さして、ぶつけに来とんか、ご苦労なこっちゃのー、スリングショットやったら、両手を使うわけやから、ほんなら、傘を地面に置いて、ずぶ濡れになりながら、嫌がらせやっとんかい!」と本気で思っていたのです。

《音声送信》というのは、《脳内音声タイプ》と《外部に本物そっくりの音を送信するタイプ》とに大別されるようです。私の場合は後者であり、今でも飛行機の《音声送信》は毎日聞かされています。最後に蛇足のようですが、スリングショットの若い男もメガネの若い男も《創価学会》の信者ではないか?と考えています。

 

となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)

となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)

  • 作者: 別冊宝島編集部
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/06/18
  • メディア: 文庫

創価学会・公明党の犯罪白書

創価学会・公明党の犯罪白書

  • 作者: 山崎 正友
  • 出版社/メーカー: 第三書館
  • 発売日: 2001/08
  • メディア: 単行本

公明党・創価学会の真実 (講談社プラスアルファ文庫)

公明党・創価学会の真実 (講談社プラスアルファ文庫)

  • 作者: 平野 貞夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/08/22
  • メディア: 文庫

nice!(0)  コメント(0) 

飛行機の音声送信 [音声送信]

今回は飛行機の《音声送信》について書きます。2008年2月頃から飛行機がよく飛んで来るようになりました。『集団ストーカー』のマニュアルどおり飛行機・ヘリコプター・救急車・パトカー・白バイ・赤帽・郵便配達・クロネコヤマト・タクシー・・などが私のタイミングに合わせて姿を現します。これは《アンカリング》という手法で、亡くなった清水由貴子さんもヘリコプターやパトカーの事を証言しています。【AGSAS】参照

私の場合は特に飛行機が多く、初めの頃は回数を勘定していました。                 まず目が覚めると「ゴオー・・」と飛行機のジェット音が聞こえてきます。                  寝返りを打つと「ゴオー・・」と飛行機のジェット音。                             ベッドから起き上がると「ゴオー・・」                                       トイレに入ると「ゴオー・・」                                            食事を始めると「ゴオー・・」                                           窓を開けると「ゴオー・・」                                            外に出ると「ゴオー・・」                                              パソコンに電源を入れると「ゴオー・・」                                    被害者ブログを読んでいると「ゴオー・・」                                  【チャンネル桜】を見ていると「ゴオー・・」                                   パソコンの電源を切ると「ゴオー・・」                                      風呂に入ると「ゴオー・・」                                            洗っていると「ゴオー・・」                                             湯船につかると「ゴオー・・」。                                          身体を拭いていると「ゴオー・・」                                        歯を磨いていると「ゴオー・・」                                          ベッドに入ると「ゴオー・・・」                                           夜中にトイレに行くと「ゴオー・・」

こんなふうに私のタイミングに合わせて、いちいち飛行機が飛んで来るのです。また、タイミングは必ずしも私の動きだけではなく、私の思考にも反応します。例えば私が飛行機の事を考えていると「ゴオー・・」と早速飛んで来ます。加害者を馬鹿呼ばわりすると「ゴオー・・」と飛んで来ます。また、周辺の工作員が現れる時に「ゴオー・・」と飛んで来ます。とにかく異常なマメマメしさと回数であり、関西人はこういう時に「アホちゃうか」と言います。

飛行機が来るようになってから2年ぐらいは、本物の飛行機が来てるものだと思っていました。それで飛来回数を勘定し記録していたものです。毎日おびただしい回数になり、多い日には100回を越えていました。それで「西宮市の住人たちは何とも思わへんのか?お隣の尼崎市や芦屋市の住人たちも何とも思わへんのか?1日100回も飛行機が飛んで来て変やと思わへんのか?」と不思議でした。それで私は【兵庫県農政環境部環境管理局大気課】に問い合わせてみたのです。


以下は、その時のメールです。(2009年9月28日10:01発信)


兵庫県農政環境部環境管理局大気課宛
 
以前、アイドリングの件で御相談させて頂きました。今回はアイドリングの件ではなく、飛行機やヘリコプターなどに関する素朴な疑問があり、これについて御相談させて頂きます。私は西宮市大畑町に在住しますが、2008年2月頃から飛行機やヘリコプターなどが頻繁に飛来するようになりました。ヘリコプターの飛来は希少ですが、低空飛行と思われる場合も何度かありました。それ以上に疑問であるのは、飛行機の飛来が夥しく早朝から深夜までに50回から100回以上になります。この状況が2009年9月28日現在まで続いています。2008年2月以前には、起こっていなかった現象です。飛行機やヘリコプターがどこのものであるのかは、わかりませんが飛来の数が多すぎて不自然に思われます。この不思議な現象について、御相談させて頂きます。質問に関与する何らかの御回答をお待ちしております。宜しくお願い申し上げます。


そして以下が返事です。(2009年10月1日10:41着信)

9月28日付けメールを拝見いたしました。
メール受信の確認が遅れ回答が遅くなり申し訳ございません。

毎月開催している大阪国際空港騒音対策委員会では、飛行ルートの変更や増便等の報告は聞いておりません。

また、関西国際空港から離発着する航空機の飛行ルートについては、直接把握していないため、県ではご質問いただいた内容についてご回答することができませんので、以下に直接お問い合わせいただければと思いますのでよろしくお願いいたします。

★大阪国際空港関係
大阪航空局大阪空港事務所 環境・地域振興課
06-6843-1121

★関西国際空港関係
関西国際空港株式会社 地域整備本部  環境グループ
072-455-2176

大気課 交通公害係 井上


このように私は、飛来するジェット音が全て本物の飛行機だと思っていたのです。それで、「どこの飛行機か知らんが、予算の無駄使いや!資源の無駄使いや!」「それにパイロットもアホらしくないんか?嫌がらせのために、わざわざ出動しとるんか?」「やれやれ、また嫌がらせのために出動か・・・もっと重要な目的のために出動したいものだ、とは思わへんのか?」と疑問に思ったものです。思えば、あの頃の私は《騒音おばさん》一歩手前の状態だったと言えます。

しかし、今では常識を取り戻しており、あの夥しい飛行機の数はほとんどが《音声送信》であったと理解できるようになりました。そして『集団ストーカー現象』を『テクノロジー犯罪』で作れるという仮説を半ば認めるようになっています。

 

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社出版サービスセンター
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本

公安化するニッポン―実はあなたも狙われている!

公安化するニッポン―実はあなたも狙われている!

  • 作者: 鈴木 邦男
  • 出版社/メーカー: WAVE出版
  • 発売日: 2005/08
  • メディア: 単行本


 


nice!(0)  コメント(0) 

音声送信について [音声送信]

《音声送信》は、遠隔地から科学技術を悪用した『テクノロジー犯罪』の代表的な手法です。しかし、ここでも『テクノロジー犯罪』だけを受けている被害者と、『テクノロジー犯罪』と『集団ストーカー』の両方の被害者では、《音声送信》の使われ方が異なっているようです。

『テクノロジー犯罪』だけを受けている被害者たちは、しばしば《脳内音声》について証言しています。脳と脳が携帯電話のようにダイレクトに繋がり、加害者と被害者が会話を交わす事ができるというものです。被害者は悪意に満ちた罵声などを言われるのですが、被害者の視野情報は監視されていますので、当然、被害者が見ているものについてを話題にしたりする訳です。《視野情報の監視》については「記事:おおざっぱな被害経緯」でも少し書きましたが、このテーマについてはまたいつか書きます。音声送信がさらに高度なレベルになると、《音声送信》ではなく《無言の意思感情の送信》というテレパシーのようなもので、被害者に不快な意思感情を押し付けてくるという被害もあるそうです。さらには被害者の意思感情が抑制されたり、意思感情の一部を記憶から消されたり、思考を誘導されたり・・・まさにこのタイプの被害者たちは、《ブレインジャック》の名のとおり脳を拉致されたような状況であり、24時間365日他人が脳に潜入し続ける被害です。また脳VS脳の戦いを展開している被害者もいるようです。

一方、『テクノロジー犯罪』と『集団ストーカー』の両方の被害者は、『集団ストーカー』という外部での嫌がらせを受けているせいか、《音声送信》や《画像送信》といったテクノロジーを『集団ストーカー』に関連させる傾向があります。つまり、『集団ストーカー』のマニュアルとして知られている様々な嫌がらせ行為を被害者に一通り経験させ、被害者が意識するようになった嫌がらせ行為を今度はテクノロジーの贋物で経験させるという手法があるのです。例えば、くしゃみ・咳払い・といった音声を何度も被害者に聞かせ意識させます。その上で、テクノロジーを使い《音声送信》による贋物のくしゃみ・咳払いを聞かせるという手法です。救急車のサイレンもマニュアルの一つとして知られていますが、本物の救急車が来ている場合と《音声送信》による贋物のサイレンである場合とがあり非常に区別しにくいものです。また、私の町には飛行機が毎日たくさん飛んで来ます。多い日には1日に100回以上も来た事がありますが、常識的に考えればあり得ない事であり、今ではそのほとんどが《音声送信》《画像送信》であると認識しています。また、私の家の窓や壁に毎日やたらと物をぶつけられたのですが、これも《音声送信》である事がわかっています。飛行機の飛来と物をぶつける《音声送信》については次回書きます。

『集団ストーカー』だけを受けている被害者たちは、《音声送信》など経験していないと証言します。しかし「記事:被害を知らない人々へ」でも書いたように『集団ストーカー』現象は、テクノロジーで作れるのではないか?という仮説があります。例えば『集団ストーカー』の手法の一つに《ノイズキャンペーン》と呼ばれる音を使った嫌がらせ行為があります。《ノイズキャンペーン》については【AGSAS】トップページの末尾の用語集をご参照ください。『集団ストーカー』の被害者たちが聞かされている嫌がらせの音は、その全てが加害者の立てる現実の音であるとは限りません。テクノロジーによって作られた《音声送信》が何割か混じっている可能性があります。被害者の外部に作られた《音声送信》の音は、方角・距離感・音量・質感・振動など自在に操作できるらしく、本物の音と区別できないほどリアルなものです。

 

早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

早すぎる?おはなし―テクノロジー犯罪被害者による被害報告日誌

  • 作者: 内山 治樹
  • 出版社/メーカー: 講談社出版サービスセンター
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本

脳科学のフロンティア 意識の謎 知能の謎 (別冊日経サイエンス 166)

脳科学のフロンティア 意識の謎 知能の謎 (別冊日経サイエンス 166)

  • 作者: 日経サイエンス編集部
  • 出版社/メーカー: 日経サイエンス
  • 発売日: 2009/08/06
  • メディア: 大型本

nice!(0)  コメント(4) 
音声送信 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。