So-net無料ブログ作成

アメリカの報道番組 [拡散希望]

ギャング・ストーキング&エレクトロニック・ハラスメント。つまり、『集団ストーカー&テクノロジー犯罪』の事です。アメリカでは既に報道番組で紹介されています。この動画は以前からありましたが、【戦え!!集団ストーカー被害者】の被害オヤジ(CourseK2011)さんが日本語の字幕を付けてくださったようです。削除されるかも知れませんので「リアルプレイヤーRealPlayer」などで保存される事をお薦めします。 

[猫]RealPlayer(無料ソフト)
http://jp.real.com/?mode=rp

gang stalking and electronic harassment

 Do You Believe in Government Mind Control_-- Part 1_ Mary Ann Stratton.avi

 

 テクノロジー犯罪&集団ストーカー解決への5つの条件 

1.犯罪の認知                                                   国家機密とも言えるような犯罪システムを、政府と学識経験者が全国民に説明すること。

2.犯罪の法整備                                                 国家機密とも言えるような犯罪システムを重犯罪として憲法に定め、厳重な罰則を設けること。

3.加害者全員の処罰                                              死刑、無期を含む懲役、罰金、加害組織の解散、及び、正しい人材による組織の再編成を実施すること。

4.防御技術の開発                                                テクノロジー犯罪対応の防御技術を開発し、その技術の有効性を政府と学識経験者が全国民に証明すること。

5.被害者の損害賠償                                              被害者は最低でも1年に付き1億円、被害歴10年なら10億円を請求する充分な権利があり、加害者、又は加害組織、及び国家が、被害者に対して損害賠償を支払うこと。

                                    

Closing the Gap: Gang Stalking

Closing the Gap: Gang Stalking

  • 作者: Gmb Bailey
  • 出版社/メーカー: Createspace
  • 発売日: 2010/08/29
  • メディア: ペーパーバック
Closing the Gap: Gang Stalking

Closing the Gap: Gang Stalking

  • 作者: Gmb Bailey
  • 出版社/メーカー: Createspace
  • 発売日: 2010/08/31
  • メディア: ペーパーバック
Unscrupulous2: Christianity Verses Occultism And Electronic Harassment

Unscrupulous2: Christianity Verses Occultism And Electronic Harassment

  • 作者: Camyl Sosa Belanger
  • 出版社/メーカー: Iuniverse Inc
  • 発売日: 2004/07/30
  • メディア: ペーパーバック

nice!(0)  コメント(2) 

工作員が反応を示した [加害者考察]

22日にブログを編集しました。まず、大畑町の地図を貼り付けました。次に、「同和中毒都市」という書籍を貼り付けました。さらに、左サイドバーに「動物愛護リンク」を貼り付けました。これらの編集に対する反応を、翌日23日に二世帯の工作員が示しました。この二世帯は、いずれも「ネコ虐待」をしたという点で共通しています。「動物愛護リンク」を貼ったのが気に障ったのでしょう。又、この二世帯は部落出身者かも知れません。学会員である可能性もあります。

一世帯は、私の隣人です。私が夜中に台所へ行くと、隣人が部屋の照明を点けました。午前4時です。普段、この時間帯は隣家の照明は消えています。私自身は夜通し起きていますので、隣家の習慣を知っています。この《アンカリング》は、これまでに何度も経験しています。私が隣人に関与する事を言ったり書いたりした時、夜中に私が台所へ行ったタイミングで、隣人が照明を点けたり消したりするのです。やはり、「動物愛護リンク」が気に障ったのでしょう。

この隣家の母娘は「ネコ殺し」です。21世紀になってから引っ越して来ました。恐らく、以前住んでいた町でも殺していると思います。通算で100匹以上殺していると推測されます。隣ですから、いろいろと聞こえてくる事があるのです。殺し方は、飼っている中型犬を放して殺させるのです。つまり不注意を装って、意図的に放すのです。この中型犬は常習犯と言えますが、犬に罪はありません。

この中型犬はネコだけではなく、近所の小型犬にも噛みつきケガを負わせた事があります。更には、近所の幼女の顔に噛みついた事もあるのです。幼女の親の怒りは、察するに余りあります。更に以前の事ですが、この中型犬が子ネコを噛み殺した事がありました。隣人の娘の方が「母が不注意で放してしまった」と嘘をつきました。後々の展開から、この時の発言が嘘である事がわかるのです。ちなみに、殺された子ネコは里親が決まっていたのです。保護さえできれば飼いネコとして生きていくはずだったのです。隣人は、その事も知っていました。知っていて中型犬を放したのです。不注意を装って・・

私の『集団ストーカー』が、なぜ始まったのかを考えた場合に「きっかけ」の最有力候補が、この隣人なのです。

............................................................................................................................................................................................

「動物愛護リンク」に反応を示した工作員は、もう一世帯あります。23日夕方、《視線誘導》によって裏の駐車場を見ると、案の定《アンカリング》が来ていました。車のナンバーは「91-14」です。ここの主人(まだ若い)は、以前スリングショット(?)を使って軽石のような物を飛ばして近所のネコに命中させるという動物虐待をしていた人です。的に外れた場合は、物に当たり「カーン!」と音を立てていました。ネコに命中した場合は「ギャアー!」とネコの悲鳴が上がるのです。2006年~2009年の期間中に1日何度も、毎日のようにネコの悲鳴が聞こえてきました。虐待されていたネコは、近所の飼いネコであり放し飼いなのです。去勢避妊手術も受けているようです。私のネコではありません。

この人物が私の家の窓や壁にも、同じ方法で物をぶつけていた時期があったはずですが、途中からテクノロジーによる《音声送信》に切り替わりました。窓や壁に物がぶつかる音は、2007年頃から夥しい数に上ります。それが《音声送信》であると理解できたのは2009年夏頃です。それまでは男が家の近くまで来て、実際にぶつけているのだと思い込んでいたのです。

[ひらめき]参照記事

音声送信について
http://b-m-i.blog.so-net.ne.jp/2010-11-10

物ぶつける音・本物と贋物
http://b-m-i.blog.so-net.ne.jp/2010-11-21

+をクリックすると地図上に「大畑町」が出てきます。                        
大きな地図で見る

「大きな地図で見る」をクリックすると、地図上に小さな窓が表示されますそこに写っている家は、私の家ではありません。しかし《ストリートビュー》をクリックすると写真が拡大表示され、画面上でマウスのカーソルを動かすと白い矢印が表れます。矢印を移動させていくと私の家も出てきます。私を担当するオペレーター(加害者)たちや、ふだん『集団ストーカー』に参加している家庭の家・アパート・マンションも出てきます。

 

 テクノロジー犯罪&集団ストーカー解決への5つの条件 

1.犯罪の認知                                                   国家機密とも言えるような犯罪システムを、政府と学識経験者が全国民に説明すること。

2.犯罪の法整備                                                 国家機密とも言えるような犯罪システムを重犯罪として憲法に定め、厳重な罰則を設けること。

3.加害者全員の処罰                                              死刑、無期を含む懲役、罰金、加害組織の解散、及び、正しい人材による組織の再編成を実施すること。

4.防御技術の開発                                                テクノロジー犯罪対応の防御技術を開発し、その技術の有効性を政府と学識経験者が全国民に証明すること。例え法整備が実現しても、技術的にテクノロジー犯罪を防御できなければ、国民の安全は保障されない。

5.被害者の損害賠償                                              被害者は最低でも1年に付き1億円、被害歴10年なら10億円を請求する充分な権利があり、加害者、又は加害組織、及び国家が、被害者に対して損害賠償を支払うこと。

 

となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)

となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)

  • 作者: 別冊宝島編集部
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/06/18
  • メディア: 文庫

「きもカルト」撃退記―創価学会員やシンパとのお笑い真剣バトル全記録

「きもカルト」撃退記―創価学会員やシンパとのお笑い真剣バトル全記録

  • 作者: 黒田 大輔
  • 出版社/メーカー: 日新報道
  • 発売日: 2010/08
  • メディア: 単行本
「同和」中毒都市―だれも書かなかった「部落」2

「同和」中毒都市―だれも書かなかった「部落」2

  • 作者: 寺園 敦史
  • 出版社/メーカー: かもがわ出版
  • 発売日: 1999/02
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0) 

ナンバー「89-89」 [加害者考察]

このごろ被害について書いていませんが、勿論なくなった訳ではありません。『テクノロジー犯罪&集団ストーカー』は、一度始まると終わる事はありません。身体攻撃は、頭から足まで至る所に毎日受けています。飛行機の音や救急車のサイレンなども相変わらず聞こえてきます。この種の《アンカリング》は、もはや聞き飽きた「一発ギャグ」と化しています。

私の裏の駐車場は「集団ストーカー劇場」です。駐車場管理人も駐車場利用者のほぼ全員が『集団ストーカー』に加担しています。確認は取っていませんが、学会員が多いであろうと思っています。この駐車場における被害は、主に《ノイズキャンペーン》や《アンカリング》です。これらの被害は、最近かなり治まっています。今日は、久しぶりに駐車場情報を記録します。

私の家に隣接した場所に駐車している人達は、特に学会員の可能性が高いと考えています。その内の一台であるナンバー「89-89」が車のドアを数回閉めるたびに、私の部屋の雨戸が振動で揺れました。ところが、この振動は明らかに不自然でした。第一に、これまでナンバー「89-89」がドアを閉めても振動で揺れるという事はありませんでした。第二に、ドアの閉め方(音の大きさ)が普通であったのに対して、明らかに不釣り合いな振動が発生したのです。第三に、これが決定的なのですが、ナンバー「89-89」が発車してからも、同じ振動が雨戸に発生したのです。つまりドアを閉める回数よりも、振動の回数が一回多かったのです。これは遠隔操作による《振動送信》であって、実はドアとは無関係なのです。ドアの音に合わせて《振動送信》を送ってきているのです。あたかもドアによって振動が発生したかのように見せかけているのです。そのような事も、このテクノロジーでは可能です。

私は《振動送信》を何度も経験しています。今回のような瞬間的な《振動送信》の他に、睡眠時の長時間にわたる《振動送信》も経験しています。今回のような瞬間的な《振動送信》に類似するものとして、窓や壁に物をぶつけているかのような《音声送信》も数え切れない程経験しています。これについては、下記を参照して下さい。

[ひらめき]参照記事

音声送信について
http://b-m-i.blog.so-net.ne.jp/2010-11-10

物ぶつける音・・本物と贋物
http://b-m-i.blog.so-net.ne.jp/2010-11-21

+をクリックすると地図上に「大畑町」が出てきます。                        
大きな地図で見る

「大きな地図で見る」をクリックすると、地図上に小さな窓が表示されますそこに写っている家は、私の家ではありません。しかし《ストリートビュー》をクリックすると写真が拡大表示され、画面上でマウスのカーソルを動かすと白い矢印が表れます。矢印を移動させていくと私の家も出てきます。私を担当するオペレーター(加害者)たちや、ふだん『集団ストーカー』に参加している家庭の家・アパート・マンションも出てきます。

となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)

となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)

  • 作者: 別冊宝島編集部
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/06/18
  • メディア: 文庫

カルト創価の終焉―池田大作亡き後の未来図

カルト創価の終焉―池田大作亡き後の未来図

  • 作者: 福本 潤一
  • 出版社/メーカー: 日新報道
  • 発売日: 2010/11
  • メディア: 単行本
「同和」中毒都市―だれも書かなかった「部落」2

「同和」中毒都市―だれも書かなかった「部落」2

  • 作者: 寺園 敦史
  • 出版社/メーカー: かもがわ出版
  • 発売日: 1999/02
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0) 

ご支援の終了 [お知らせ]

【未来を守る戦い】の佐々木勇喜さんが、ご支援を閉鎖されました。                  「宮城県への義援金の方に支援をお願いします」と言われています。                  ご協力くださった方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

[ひらめき]3月21日支援お願いしましたが閉鎖します。
http://ameblo.jp/8779495547/entry-10836763301.html


nice!(0)  コメント(0) 

東日本大震災もHAARPか? [科学兵器]

『テクノロジー犯罪&集団ストーカー』被害者ならば、《東日本大震災》が自然災害ではなくテロではないか?と疑います。気象科学兵器いわゆるハープ(HAARP)ではないか!と。自然災害なら仕方がありません。しかし、これがテロだと知ったら、どんな騒ぎになるでしょうか。HAARPで巨大地震を作り出し、大きな津波が発生し、建物・道路・線路・電線その他もろもろが壊滅し、死者・ケガ人が多数出ます。HAARPは人口削減も目的でしょうが、これによって儲かる者がいる事を考えねばなりません。今回の地震で誰が儲かるだろう?誰が得を見るだろう?誰がHAARPを依頼したのだろう?

[ひらめき]参照記事

【ハイテク犯罪を告発する】
東北大地震はやはり人工地震だったのか!?
http://dadada.iza.ne.jp/blog/entry/2194816/

【ベガのブログ】
『東日本大震災』って?HAARP攻撃すんなぁ、たぁこ!!!
http://ameblo.jp/vega521/entry-10828819326.html
メルトダウン!?でも、落ち着いていきましょう!!
http://ameblo.jp/vega521/entry-10831243726.html

【不幸のブログ】
大地震 ユダヤの日本への報復攻撃?
http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10828875215.html
自然災害?人災? 日本人としての怒り
http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10829383923.html
おしらせ 地震の余波で??
http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10830024293.html
広報用のHAARP記事リンク とぼやき
http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10831789542.html                    悪魔の黙示録 VOL1
http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-10839077432.html

【戦え!!集団ストーカー被害者】
HAARP+追記、画像
http://kousuke0714.blog19.fc2.com/blog-entry-422.html
HAARPで原子力施設の上にだけ雨を降らす事はできないのだろうか?
http://kousuke0714.blog19.fc2.com/blog-entry-425.html

【戦え!!集団ストーカー被害者】の管理人である被害オヤジさんは、大震災の前日にHAARPの話をしていたらしく、まるで被害オヤジさんが大震災を起こしたかのように思わされたと述べています。

(引用開始)
・・加害者はそれを私のせいで地震が起こったとマインドコントロールや思考送信をしてきます。しかし、他の被害者のブログを見ていると軒並み同じ事を加害者に言われているのが分かります。加害者は事前に地震が起こる事を知っていて、地震が起こった後にそのように被害者に送信するようにマニュアル化されていたのではないかと思ってしまう程です。・・
(引用終了)

実は、私にも心当たりがあります。以下は、佐々木勇喜さんとのメールのやり取りです。佐々木さんは、今回の地震で最も被害者の多い宮城県南三陸町の人です。被害の酷さから死んだのではないか?と諦めかけていましたが、地震発生から5日後に無事を確認できました。佐々木さんもHAARPの事は知っています。

私からのメール(2011年3月10日 7:15)

佐々木さんへ
 
宮城県で震度5弱の地震があったようですが、
佐々木さんの家は無事でしたか?
 
加害オペレーターは無事でしょうかね?
地震が原因で死んだオペレーターがいるとか・・
 
被害者の周辺で地震が起きると、
HAARPを疑ってしまいます。
 
自由人

佐々木さんの返事(2011年3月10日 9:48) 

自由人さんへ

地震ありました、私の所は震度4だったみたいです。
家は無事です、築35年以上も前の古い家が大丈夫ですから、
ほとんどの家は大丈夫だと思います。

でも地震が起きてから救急車が一台通りました。
漁業関係が被害があるようで。
私もHAARPを疑いますし、HAARPだと思います。

こちらのオペレーター加害者たちは健在ですが、
本当ですか!オペレーターが地震が原因でですか?

佐々木

私からのメール(2011年3月10日 21:04)

佐々木さんへ

@@さんによれば、1995年の阪神・淡路大震災の時、
最も被害が大きかった神戸の長田という地域では、
@@学会員が多く死んでおり、それらの学会員に
掛けていた巨額の保険金が、学会に転がり込んだ
という事です。

つまり宮城県で地震が起きた場合に、宮城県の加害者が
消された可能性があるのでは?と考えました。
でも、死者は報告されてないみたいですね。

自由人


このようなメールのやり取りがあった翌日、3月11日午後2時46分に宮城県牡鹿半島を震源地とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生したのです。私も被害オヤジさんと同様、まるで私が巨大地震を起こした原因であるかのように思わされました。やはり、あらかじめ地震発生日が内定していて、その数日前から『テクノロジー犯罪&集団ストーカー』の被害者達の意識を《HAARP》に誘導していたのかも知れません。このテクノロジーは、確かに先回りが可能です。私は、何度も先回りされた経験があります。

 

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル

  • 作者: ジェリー・E・スミス
  • 出版社/メーカー: 成甲書房
  • 発売日: 2010/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

闇の支配者”環境戦争”

闇の支配者”環境戦争”

  • 作者: ベンジャミン・フルフォード
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2011/01/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
闇の支配者に握り潰された世界を救う技術

闇の支配者に握り潰された世界を救う技術

  • 作者: ベンジャミン フルフォード
  • 出版社/メーカー: 武田ランダムハウスジャパン
  • 発売日: 2009/04/23
  • メディア: 単行本
コールマン博士・最後の警告 〈再編新刊〉人類奴隷化プログラムの恐怖

コールマン博士・最後の警告 〈再編新刊〉人類奴隷化プログラムの恐怖

  • 作者: ジョン・コールマン
  • 出版社/メーカー: 成甲書房
  • 発売日: 2009/02/21
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0) 

マツダ工場無差別殺傷事件と集団ストーカー [ニュース]

[猫]日経新聞が、『集団ストーカー』という言葉を掲載しました。

2011/3/2 10:29 日本経済新聞 電子版
マツダ工場無差別殺傷事件、公判前整理手続きめどたたず
http://gsti.web.fc2.com/sub/110304_mazda_http___www.nikkei.pdf

マツダ工場無差別殺傷事件 
2010年6月22日、広島県府中町のマツダ本社工場と隣接する広島市南区の宇品工場で、出勤中の男性社員12人が次々と車にはねられ1人が死亡11人が重軽傷を負った。広島県警はマツダの元期間従業員、引寺利明容疑者を殺人と殺人未遂容疑で逮捕。精神鑑定の結果、広島地検は完全責任能力があると判断し10月29日に殺人罪などで起訴した。

引寺被告は、犯行の動機について「マツダで複数の従業員に嫌がらせ(集団ストーカー行為)を受けたこと」を挙げ、殺意については「なかったとは言えない」と述べているようです。引寺被告の親は、創価学会員だそうです(週刊文春2010年7月1日号)。『集団ストーカー』が次第に表面化されてきました。

私が最も期待しているのは「内部告発」です。政治の大きな変動によって加害者の中から「爆弾発言」をする者が出てくるのではないかと期待しています。もちろん、この犯罪は組織犯罪ですから裏切り者は消されます。しかし、政治の大きな変動によって、組織自体が揺らげば状況は一変するかも知れません。本当に「内部告発」をする加害者が現れるのではないかと期待しています。

[晴れ]お薦め記事
マツダ無差別殺傷事件「集団ストーカー行為」について
http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-342.html

 

集団ストーカー―盗聴発見業者が見た真実 (晋遊舎ブラック新書 001)

集団ストーカー―盗聴発見業者が見た真実 (晋遊舎ブラック新書 001)

  • 作者: 古牧 和都
  • 出版社/メーカー: 晋遊舎
  • 発売日: 2007/09/10
  • メディア: 新書

黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録

黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録

  • 作者: 矢野 絢也
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/02/27
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(2) 

J.Kawamuraさん・佐々木さんは無事でした [被害者紹介]

SFまがいの現実】の管理人J.Kawamuraさんから連絡が入りました。交通事故に遭われたようです。しかも不自然な意図的な追突だったようです。追突事故のあとに「アタリヤ」という名の車が仄めかしに現れたそうです。J.Kawamuraさんは、ローテク(人海戦術による嫌がらせ)も酷い被害者です。

また、J.Kawamuraさんは千葉県から東京へ引っ越されたそうです。『集団ストーカー』は引っ越しても被害が続く事は、被害者ならば誰もが知っています。加害者メンバーが変わるだけです。きっと新天地の東京でも「特定工作員」といった感じの常連の加害者が現れるはずです。そして、一見無関係な人達まで『集団ストーカー』に協力するようになるのです。

なぜ、無関係な人達まで『集団ストーカー』に協力するようになるのか?一つは、《生活安全条例》がクセモノです。もう一つは、人工衛星を経由した遠隔操作によってです。例えば、遠隔操作で視線を誘導したり、何らかのセリフを言わせたり、感情を操作したり、特定の人物に敵意を持つようにマインドコントロールするなどが可能だからです。

 


未来を守る戦い】の佐々木勇喜さんからメールが来ました。無事だったようです。自らのブログでも、ご報告されています。佐々木さんは、《東日本大震災》で最も被害者の多い宮城県の南三陸町なのです。私は、ほとんど奇跡を感じています。佐々木さんによると、「・・それからオペレーター加害者たちは、地震発生した後でも平然と途切れることなく続いています。」という事でした。加害オペレーターは人間ではありません。糞以下の、存在してはならない存在です。取り急ぎ、ご報告させて頂きます。

[晴れ]参照記事
佐々木勇喜さんと連絡が取れません
http://b-m-i.blog.so-net.ne.jp/2011-03-13

 

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル

  • 作者: ジェリー・E・スミス
  • 出版社/メーカー: 成甲書房
  • 発売日: 2010/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社出版サービスセンター
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0) 

佐々木勇喜さんと連絡が取れません [被害者紹介]

《東北地方太平洋沖地震》のニュースによると宮城県の南三陸町では、ほとんどの家が流されたようです。人口約17000人中、10000人ほど安否の確認が取れていません。【未来を守る戦い】の管理人である佐々木勇喜さんは、宮城県の男性被害者です。佐々木さんの住所は、宮城県本吉郡南三陸町戸倉字町79番地です。南三陸町は沿岸に位置しており、しかも佐々木さんの家は川の近くにあり、築35年と言っていました。佐々木さんの家も流された可能性が極めて高いと考えています。メールも電話も通じません。ブログもツイッターも止まっています。【au 災害用伝言板】で電話番号を入力して確認しましたが、 「該当するお客様の安否情報はお預かりしておりません。」という事です。宮城県の死者が「万単位」となる可能性があります。 生存されている事を祈るばかりです・・。

011.宮城.JPG

南三陸町志津川高校から見た津波の様子

NHKニュース 一夜明けた朝の様子 宮城県南三陸町

 

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル

  • 作者: ジェリー・E・スミス
  • 出版社/メーカー: 成甲書房
  • 発売日: 2010/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

コールマン博士・最後の警告 〈再編新刊〉人類奴隷化プログラムの恐怖

コールマン博士・最後の警告 〈再編新刊〉人類奴隷化プログラムの恐怖

  • 作者: ジョン・コールマン
  • 出版社/メーカー: 成甲書房
  • 発売日: 2009/02/21
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(2) 

案じられる千葉県の被害者 [被害者紹介]

千葉県の女性被害者で【SFまがいの現実】の管理人J.Kawamuraさんと連絡が取れません。ブログは2月2日で停止しており、何度もメールを送りましたが返信が来ません。【未来を守る戦い】の佐々木勇喜さんにもメールを送ってもらいましたが、やはり返信が来ないようです。私と佐々木さんは電話もしましたが、「現在この番号は使われていません」とアナウンスされます。J.Kawamuraさんは、北海道に引っ越したいとブログに書いていました。また、千葉県の家を売りに出していましたので、実際に引っ越されたのかも知れません。

しかし、私に届いたJ.Kawamuraさんからのメールは1月29日が最後であり、かれこれ一か月以上になります。パソコンが使えない状況なのでしょうか?少なくとも無事でいるならば、長引くブランクの理由を報告してくると思うのですが・・。特にJ.Kawamuraさんの被害状況は酷く、これまでに家族の方々が次々と亡くなられたり、行方不明になったりしています。J.Kawamuraさんの身にも、何か「非常事態」が発生したのかも知れません・・

[ひらめき]夢で仄めかしと家族崩壊の時期が一致
http://kasiwadera.cocolog-nifty.com/jk/2010/11/post-6e32.html

2月5日、同じ千葉県で『集団ストーカー&テクノロジー犯罪』の被害者である、福島俊明さんが母親を殺害する事件が発生しています。この事件は明らかに遠隔操作で《マインドコントロール》されたものだと思います。これまでに、この種の事件がどれほど報道されてきたでしょうか?現代日本は、毎日のように殺人事件が報道される国になっています。しかも、家族間の事件が多い。日本は、かつて最も治安の守られた国であったはずです。この種の事件は決して自然な現象ではなく、《マインドコントロール》によって操作された《作られた犯罪》であると思います。目的は、人口削減および日本弱体化、日本乗っ取りでしょう。

[ひらめき]千葉県習志野母親殺人の事実
http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-334.html
[ひらめき]習志野事件孝
http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-335.html
[ひらめき]習志野事件の支援
http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-337.html
[ひらめき]習志野事件 接見の機会と今後
http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-339.html

[ひらめき]Fさんとの接見
http://ameblo.jp/ryou2009/entry-10811991642.html
[ひらめき]Fさんは現テクノロジー犯罪被害ネットワーク会員?
http://ameblo.jp/ryou2009/entry-10814118439.html

 

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社出版サービスセンター
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本

マインド・ウォーズ 操作される脳

マインド・ウォーズ 操作される脳

  • 作者: ジョナサン・D・モレノ
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2008/09/25
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0) 

ケムトレイル1 [科学兵器]

ケム・トレイル (Chem-Trail)とは、飛行機雲に似た航跡を指し、それは公害のような副次的被害ではなく、健康被害を目的とした有害物質の意図的な散布を意味します。ケムトレイルは世界中で目撃され、記録され、問題にされています。私の家からもケムトレイルと思われる航跡を発見しました。西宮市にも有害物質が撒かれたようです。
nisinomiyasi.ohatatyou.jpg
撮影場所:兵庫県西宮市大畑町
撮 影 日 :2011年2月19日12時50分
撮 影 者 :自由人(ブログ管理人)

[猫]現場では、航跡が写真の左右にも長く続いていました。撮影失敗。ケムトレイルは人口削減の一環であると言われています。皆様もケムトレイルを発見されましたら撮影し公開して下さい。そして知らない人達に教えましょう。

「崩壊する世界経済と新世界秩序の実態」5/5 (ケムトレイル編)

 

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル

  • 作者: ジェリー・E・スミス
  • 出版社/メーカー: 成甲書房
  • 発売日: 2010/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

闇の支配者”環境戦争”

闇の支配者”環境戦争”

  • 作者: ベンジャミン・フルフォード
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2011/01/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。